Skip to main content
Print Logo
お客様は、当社が完全にサポートできない旧式のブラウザを使用しています。 当サイトでのお客様の経験は機能、安全性、信頼性における当社の焦点のために最適でないかも知れません。 当サイト利用に問題がある場合にはブラウザを更新することをご検討ください。 もっと知る
もっと在庫を探しています!
製品が入手可能になった場合に
説明

このバーは、オデッセイ・マリーン・エクスプロレイションによって水面に引き上げられたS.S ゲールソパの回収された船の財宝から作られています。

SS ゲールソパは、1919年に造られて進水した鋼鉄船体のイギリスの蒸気商船でインドのゲールソパの滝からおそらく名付けられました。 ロンドンの British India Steam Navigation Company Ltdに所有されていて、戦争の供給品の貨物船として戦争に貢献するために徴募されるまでは民間商船でした。

1940年12月に始まった供給航海中、インドのカルカッタからイギリスまで、銀塊、銑鉄、茶を積んで航海していました。 ゲールソパは、マスター・ジェラルド・ハイランドの元、シェアレオネのフリータウンの港で他の商船の機団と出会った南アフリカのケープあたりを南大西洋に向けて航海していました。 貨物の荷を下ろすアイルランドのゴールウェイから航海していました。

シエラレオネを出発して間もなく、機材は、大西洋の開放水域で強風と荒波に悩まされました。 ゲールソパは、石炭の上をゆっくりを走り始め、ゴールウェイへもっと直接的なルーをを作るために機材の残りを無理やり離しました。そして二度と到着しませんでした。

1941年2月16日、S.S.ゲールソパはドイツのFocke-Wulf Fw 200航空機に見つけられ、2月17日にエンルスト・メンガーセンの指令の元、ドイツのUボート名称U-101によって雷撃されて85名と共に沈没しました。 二等航海士R.H.アイレスの管理の元で、一隻のライフボートは6人の他の乗員と一緒に逃げるように対処しましたが、ボート転覆後、アイレスだけが海から引き上げられました。

ほぼ70年の間、ゲールソパはアイルランド海岸南西約300マイルの大西洋で約3マイルの深さの海底に沈んでいました。 2011年9月26日、海難救助隊員を見つけようと試みて数度失敗した後、フロリダベースのオデッセイ・マリーン・エクスプロレイションは、ゲールソパの身元と場所を確認しました。 回収が始まり、2013年7月23日、61トンの銀地金が回収されたことが報告されました。 回収された大多数(4ロット中の3つ)は、.915ピュア・ドレ(一部鍛錬済み)バーでした。

こちらは、歴史の品を所有するお客様の機会です。 かつて作られたこの10オンスバーは限定数量で、すぐに売り切れること間違いなしです!

The bar you receive may be tarnished, or in used condition.

仕様
2990
US
Sunshine Minting
若干使用済み
999
The words "Certified Gairsoppa Shipwreck Silver 10 Troy Ounce 999 Fine Silver" and the serial number of the bar
A profile view of the SS Gairsoppa in the 1920s and the words "SS Gairsoppa February 17, 1941" (the date the ship was sunk)
10.0000
はい

SKU

2990

US

製造元

Sunshine Minting

状態

若干使用済み

純度

999

表面

The words "Certified Gairsoppa Shipwreck Silver 10 Troy Ounce 999 Fine Silver" and the serial number of the bar

裏面

A profile view of the SS Gairsoppa in the 1920s and the words "SS Gairsoppa February 17, 1941" (the date the ship was sunk)

金属重量(トロイオンス)

10.0000

証明書

はい
レビュー